May 31, 2012

昼休みポタらー

自転車で昼に出た。
前に一回行って気に入っていた「もうひとがんばり」というラーメン店へ行くことにした。
関内の大通公園脇にある。
「鳥居塾」というラーメン店開業システムからできたという話だ。
13時を回っていたが、ほぼ満席。
限定の塩ラーメンとライスを注文。
「あさり塩ラーメン」も限定であるが、それは売り切れだった。

「あっさり」と一言で言えない、複雑な味のスープ。
中くらいの太さの麺は、適度な存在感がある。
これはおいしい。
残ったスープにご飯を入れておじやにして完食。
次回はアサリの残っている時間に来てみよう。

2012053013110000


そのあと、浜スタのある横浜公園へ。
開港祭に絡めたイベントをやっているようで、何だか賑やか。
各地の物産も出てる。

だけど、お祭りの縁日もたくさん。
金魚すくい、お面、射的、お好み焼き、焼きそば、イカ焼き……


これって、テキ屋の範疇じゃないのか?

市の担当者が、テキ屋の親分を集めて場所決めとかしてるのかな。
何だかそんなことを思った昼下がりであった。

2012053013430001


2012053013450000

再び自転車でふらっと行き、最近景観問題でもめている建物の建設予定地へ。
ここの大本の会社に、どうやらきな臭いウワサが……

2012053014020000


| | TrackBack (1)

April 24, 2012

【本】突撃!よこはま村の100人——自転車記者が行く

「ラーメンライド」という、自転車に乗ってラーメンを食べに行くだけの企画をたまにやる。
横浜関内のランニングステーション「The Space」の主催だ。

どこで聞きつけたか、あるとき神奈川新聞の記者が同行取材させてほしいと言ってきた。
「自転車記者が行く」というコーナーの担当者である。
本来は県警本部などに詰めている事件記者なのだが、バランスを取るためか、こういう文化部的なものも担当するのだろう。

で、その夜は7〜8人で出発し、神奈川区にある「とんぱた亭」という家系ラーメン屋さんを目指した。
その時のことが記事になり、今でもThe Space店内に貼ってある。
「まじめにバカをやる」という、まあほめ言葉の部類に入るであろうタイトルだ。
私も「ベテランライダー」として実名入りで登場している。
(ライダーとしてはそれほどベテランではないが。ライターとしてならそうかもしれない)
かっこいいぜ、オッサン! と言ってくれているが、当日は20代青年もいたのである(笑)

そのシリーズがまとめられ、本になった。
新聞掲載時は写真だったが、本の中ではヘタウマ風イラストになっている。

現時点ではまだ予約段階だが、The Spaceに献本があったので、一足先にぱちりしてきた。

Photo

ちなみに、私の知り合いも他のページに何人か登場しているようだ。


| | TrackBack (0)

【本】自転車はここを走る!

ご存じ疋田智さんと自活研の小林成基さんが、表題のタイトルの本を出した。

自転車で道路を走っていると、「これ、どこのレーンを走ればいいんだ」という場面にしょっちゅう出くわす。
代表的なのは、突然現れる左折専用レーン。しかもそれが2レーンになっていることもある。
横浜だと港の周辺、コンテナがビュンビュン通るところ。

警察の見解では、左折レーンは直進してもいいという。
左折車の合間を見計らって。
どうしても危ない場合はそのまま左折して、横断歩道のあるところを渡ってまた引き返す。

たしかに法的にはそうだろうね。
私が以前県警の人に訊いた時もそんな答えだった。

だけど、この本にも書いてある通り、回り道する距離が半端ない場合もある。
そんなときの対処方法がわかる。

その他、最近あちこちで増えてきた車道を区切った「自転車道」。
路側帯の部分を色分けしてある「自転車レーン」。
広めの歩道を区切って色分けしてある「自歩道」。

それらがあるとき、車道をそのまま通行していいのかどうかも、グレーだった。
どの場合はどこを通るのか、とか、それぞれの問題点も掘り起こされている。

今まで曖昧だったことのずいぶん多くが、この本で解決した。

実例写真も豊富でわかりやすい。

自転車に乗る人すべてにおすすめだと思う。



| | TrackBack (0)

April 15, 2012

ひっさしぶりにサイクリング&ラーメン

葉山方面へサイクリングに行ってきた。
去年の秋以来かもしれない。
精神的にも時間的にもまったく余裕がなく、通勤以外にほとんど自転車に乗っていなかった。
おまけに、ランニングでふくらはぎを傷めてしまって、体を動かすのがおっくうになっていた。
でも自転車をこぐのには支障がほとんどないから、ラン復帰まで心肺機能を維持するのには
自転車乗らねばなのだ。

そんなわけで、桜も散り終わる日曜日、サイクリングに。

BIANCHのクロモリロードにフロントバッグを付け、サイクリングオーラを発する。
これで、キメキメローディに抜かれても、登りでふらついても大丈夫。

逗葉高校前の登り坂は、桜並木。
ここはすでに葉桜に移行する直前。

5

その次は、南郷上の山公園。
こちらは少し花が残っていた。
連続で登り坂2本。脚がピキピキ。

3

お次は、湘南国際村。
いつもはTTしている登り坂を、サイクリングペースで走る。
きついけれど、なんだか楽しい。
TT中は辛いだけだけど、タイムはどーでもいいとなると、余裕が生まれるのだね。

Photo

日曜の国際村はいつものようにフリーマーケット。
なんか仕入れて帰ろうか、などと思ってしまうが、バッグの容量が足りない。
そうか、パニアを前後に付けておけば仕入れバイクになるな(笑)

2

山を下りて、ハンガーノック寸前の胃袋を葉山コロッケで生き返らせる。
残りはお土産。
皮パンが、午後遅くまで残っているようになったね。
増産体制になったのだろうか。

4

そういえば、葉山近辺もいろいろ変わったね。
逗葉新道沿いにマーロウとげんべいができていた。
げんべいは葉山海岸通りの店が閉まっていたから移転なのかな。
ぼんじゅうるが閉店していたり、和楽の大判焼きが予約のみとなっていたり。
ぽちぽちと新しいベーカリーやカフェ、モーターサイクルショップなども発見。

メインディッシュは小浜でいつものわんたんめん。
スープの透明度は高いけれど、意外に味は濃い。
葉山マリーナのヨットマン向けなのだろうか。自転車乗りにもぴったり。

1

たったの43kmライドだったけど、リハビリにはじゅうぶん。
坂を何本か登ったが、帰りに足が痙ることもなく心地よい疲れにとどまっている。
またいこっと。

| | TrackBack (0)

July 09, 2011

横浜エコライド2011 コース試走

今年も「横浜エコライド」開催決定!

10月30日(日)
山下公園スタート/ゴール
※募集開始は、8月20日からの予定です。
主催:横浜ペダルプロジェクト

よろしくお願いします!

---------------------------

というわけで、それに先だって今年のコース決めをするため、試走してきた。

横浜の見どころというとパッといくつか思いつく。
けれど、そのどれもが港周辺に集まっている。
そのため、自転車で20kmちょっとのコースを、
バリエーションを付けながら毎年設定していくのは意外に頭を使うのだ。

できる限り右折は減らしたい。だから反時計回りにしたい。
エイドステーションに入るにも、道の左側にしておかないと危ない。
信号の手前で左折専用レーンが出てくるときはどうしようか。
などなど。
自転車で安全に楽しく、しかも何百人もの人たちがいっせいに走るためには、
いろんなことを考えなければならない。

と、言い訳めいたことを並べながら、今年のコース試走レポ。

土曜日の午前中。すでに気温は30℃を超えていた。
山下公園を出発して、ひとまず谷戸坂を登ってみる。
102_3828_2

山手本通りがここから始まるのだが、去年はすぐに元町へ下りてしまったので、
ちょっと短いんではないかという声もあった。
だからずっと先まで行ってみた。

102_3841

こういうところも通ったりする。

根岸森林公園に隣接(というか、その中にあるのか)して、
米軍住宅が建っている。その横には広い芝生スペースがあり、
レンガ造りの旧い建物が今でも残っている。
これは、競馬場があった頃の一等馬見所。立ち入りはできない。
ここをエイドステーションに……できればいいんだけどなぁ。

102_3831
102_3835

広い芝生スペースの向こうに立つ、古びたレンガ造り。
初めて来たときはけっこうびっくりした。
自転車は押して歩かねばならない。そして、芝生の向こうにはフェンスが立つ。
入り口には武装したMPがいたりする。

そのあと、そこらへんをちょっと走っているうちに、本牧通りのこんな場所に。

102_3836

ここを上がってみた。
路面に蛇の目模様の付いているなかなかの急勾配。
本牧中、緑が丘高校の方へ出る。

102_3838

洋館の上に風見鶏。しかし旧い建物ではなく、復刻版のようだ。

緑が丘の前で休んでいると、なんだか横山剣さんそっくりの人が原付で通り過ぎていった。
思い切り地元だし、可能性はあるな(笑)

丘を下りてウロウロと。
県庁前の信号待ちで気づいたのだが、ここって横浜三塔がいっぺんに見られる場所のひとつじゃないのかな。
そこに立つと願いが叶うという言い伝えがあるのだ。

102_3844

左の木とビルの間にクイーン、右にのぞくのがキング。

102_3845

こちらは威風堂々のジャック。

去年も行ったコットンハーバーへも寄ってみた。
ここにもエイドがほしいなぁ。クリアすべき点はいっぱいあるようだけれど。

102_3857

芝生の向こうには、海が見える。気持ちいいんだから。

102_3859

最後、みなとみらい大橋から望む、おなじみの風景。
いやー暑かった。

頭の中ではざっと地図は描けたけれど、実際に運用するとどうなるか。
もうちょっと工夫が必要か。

それにしても、山下公園から右に行かれればいいんだけどねぇ。
あそこ、歩行者用青信号がきわめて短い時間なんだよなぁ。

| | TrackBack (0)

July 04, 2011

月例湘南マラソンでサイクらー

久しぶりに月例湘南マラソンへ行ってきた。
この大会は何十年も前からやっているが、去年あたりから新規登録を中止している。
あまりに人数が増えすぎ、一般の散歩者やサーファーと接触などのトラブルが相次いだからだ。
コースとなっているサイクリングロードは、横断できないくらいランナーが続き、サーファーのイライラが伝わってきたりもしていた。
ちょっと経てば減るとは思うがね。

着替えてスタートラインまで歩いていたら、前職の同僚と会った。
ボードラックを付けた錆び錆びのビーチクルーザーに乗る、ロコサーファーだ。
迷惑かけてすまんなぁと言い、別れる。

この日の足はロードバイク。
稲村の手前あたりで4台くらいのロードを抜いたらあとをぴったり付いてこられ、
仕方ないのでそのまま鵠沼まで35km/h巡航で引くはめに。
かなり消耗。馬鹿ですねぇ。

マラソンは、10kmの部が高気温のため5kmに短縮。
8時の時点で31℃あったらしいから賢明な措置だろう。

ということで、私も5kmラン。
ペース配分もへったくれもないので、足が進むまま。
水分補給をしながら走ったが、終盤は思うように前に出ない。
猛烈に暑い。すこしクラクラしてきた。
そんなこんなでゴール。自己計測で25分15秒。
意外に走れたな。

P2011_0703_101105

終わってみるとまだ10時過ぎ。
鎌倉のラーメン店で昼を食べようと思っていたので、若宮大路のミスドで涼みながら時間調整して店へ向かう。店名を「HANABI」という。
何度か前を通りかかり、気になっていたのだ。

醤油魚介のオーソドックスなラーメン。
魚粉に走らない節制が利いたスープはとても上質で、好感が持てる。

P2011_0703_114851

まあそれにしても暑かった。
今年初めてのヘロヘロさ加減。
バイク45km、ラン5km。

| | TrackBack (0)

June 27, 2011

多摩サイってどんな様子だろう

「東京バイカーズ」というサイトがある。
都内を中心とした自転車通勤の情報交換所としてずいぶん賑わっていた。
私が自転車に乗り始めて、最初に入り込んだコミュニティだった。
オフ会もずいぶん開かれ、交流も盛んに行われていた。

そのサイトで久しぶりに「多摩サイオフ」が行われるというので参加してきた。

P2011_0626_142355
通勤用のBianchiで。フラットペダルで走ったが、さすがに100kmを超える距離は疲れる。

多摩サイ(多摩川サイクリングロードです、念のため)はここ最近の自転車ブームで、
ずいぶん様相が変わってきたという話だ。
歩行者との接触、自転車同士で衝突、ついには死亡事故まで起きたらしい。

ここ数年行っていないので、どんな具合か確かめる目的もあった。

朝10時に二子橋の右岸に集合。
見知った顔ばかりで、同窓会みたいなもんだな。
私は初代バイカーズジャージ。この存在を知らない人もいて、ちょっと驚く。

P2011_0626_104806
初代ジャージは黒一色に白抜きロゴという実にシンプルなもの。

いいペースで多摩川を遡上。
ときおりポツポツ来る。
登戸のあたりで雨脚が強まり、橋の下で雨宿り。
その後再び北上を続ける。
関戸橋あたりまでは本当に自転車もランナーも歩行者も多い。
ランナーはともかく歩行者の中には自分以外の存在が目に入らない人もいる。
穏やかに注意喚起してあげたのだから、迷惑そうに睨まない方が
幸せな死に方ができるよ、リュックを背負った老婦人さん。

総体的に、きちんとしたコスチュームの自転車乗りは安全運転に気を遣っている。
起き抜けのようなかっこうでロードに乗っている人々が、問題ね。
並走、ヘッドフォン、無理矢理の追い抜き。手信号も出さないし(と言うか、知らないのだろう)。

ガス橋から下流は特に道幅が狭い。
そこを自転車で飛ばすことの危険さは、行った人ならすぐわかるはずだ。
ロードバイクなら、並行して走っている車道を行こう。
その方がはるかに早いし。

ええと、そうそうオフ会なのであった。

Ysロード隣の7/11で昼食を買って食べ、鯛焼き屋さんを目指す。
しかし、お休み。
空模様も心配なので、鯛焼き公園でだべったあと引き返す。

登戸の大黒屋前で一休み。
ここは相変わらず常連さんで賑わっている。
店の前に惜しげもなく高級車を並べ、機嫌良く談笑する小父様たち。
テーブルにはビール瓶が……。
おいおい、呑んでるのかよ。
当然帰りは輪行なんでしょうね。いや、お金持ちそうだからワゴンタクシーでも呼ぶのかな。
一杯機嫌で事故でも起こしたらよけい自転車の立場が悪くなるものね。
たのんますよ。

P2011_0626_142406
ほとんどがハイエンドフレームにハイエンドなディープリムのホイール装着。
ここに並んでいるだけで数百万円だ。

そんなこんな、思うことはあったが、やっぱり仲間と走るのは楽しい。
多摩サイも立川あたりからは周囲の緑が濃さを増すし、のどかさも気持ちいい。
また来よう。

P2011_0626_142340_2
仲間の一人はロングホイールベースのリカンベント。
毎度のことだが周囲からの反応が聞こえてきて面白い。

帰りは自走。
多摩サイはサイクリングペースだったので、R15はペースを上げ気味で。
適度な疲れとともに、総走行距離は113kmちょっと。

| | TrackBack (0)

June 20, 2011

信越五高原ロングライド2011、参加者募集中

信越地方の5つの山岳をつないで走る125kmのサイクリングが、「信越五高原ロングライド」だ。
去年第1回目が開かれ、今年も2回目開催が決まっている。

9月3日(土)~4日(日)
※3日が受付と前夜祭、4日がライド本番

スタート/ゴールは今年から2箇所になり、斑尾高原と妙高高原だそうだ。
スタート地点は自由に選ぶことができるが、ゴールはスタート地に帰ってこなければならない。

去年はボランティアで走らせてもらったのだが、景色が実にキレイ。
そして、適度なアップダウンのある絶妙なコース取り。
地元サイクリストしか設定できない素晴らしいコースだと思う。
エイドステーションもかなり充実していた。
5つの高原、つまりみんな名の知れたスキー場なのであるが、
無雪期への集客策として一致団結で始めたイベントなのだそうだ。

今年、私は行くかどうかは未定だが、秋のイベントの口開けとして、ぜひ~。

詳しくは、こちらで

| | TrackBack (0)

June 19, 2011

多摩湖周回と武蔵野うどん

友人が60cmの、しかもADA製の水槽を譲ってくれるというので、
そちらの方まで引き取りに行ってきた。
場所は東村山庭先の多摩湖。西武園近く。
多分、初めて行くエリア。
なんとか落ち合い、水槽にエーハイムのクラシックフィルターと
ADAの給水パイプまで付けてもらって車に積み込む。

するとそこに、なぜか自転車仲間も2人いた。
しかも一人はウルトラマンである。
私の車をのぞくとどういうわけだかロードバイク(ツーキン用ビアンキ)が
積まれていたので(笑)、せっかくだから多摩湖周辺を案内してもらうことに。
(これが本日第2の目的)

周囲に造られたサイクリングロードをゆるゆると行く。
自転車も、ランナーも、ウォーカーも多い。
早稲田の学生さんたちが「本庄→早稲田100kmウォーク」なんてのをやっていて
コスプレも多かったので、こちらに紛れ込んでいるウルトラマンもそれほど目立たないようだ。
多摩湖周辺はトレイルもあり、泥んこになったMTBが突然現れたりする。
ライダーの顔、みんな笑っている。楽しそうだ。

L7050547
景色のいいポイントも多い。裏山椎。

L7050546_2
(こっそり)ウルトラマンともうちょっとで富士のブロンズを逃したおいちゃん。

濃い緑の中を走り、適度に汗をかいて昼飯。
そして、手打ちうどんの「きくや」へ連れてってもらう。
(これが第3の目的)
けっこう行列ができている、武蔵野うどんの店。

L7050548

L7050552
讃岐とはまた違うもちもち感と歯ごたえ、腰の強さ。
4玉分を表す「4L」ってのを頼んだ。5Lくらいまでなら大丈夫そう。

ここ最近、埼玉県のここらへん(ここは東京都だけど)へ来ることが多く、
何となく位置関係がわかってきた感じ。
横浜からでも高速使えば2時間くらいである。

そして、帰りは高速代をけちって環八に降りたら大渋滞にはまり、消耗。
事務所に水槽を運び込んだのは夕方だった。
カルシウムの白い部分をキレイにして、周辺機器と底砂と石と水草と生体を買って
(けっこういろいろ揃えねば)立ち上げられるのは、いつになるか。

P2011_0619_170612_2
フィルターを中に入れて立ち上げられるのを待つADA水槽。
事務所の共有バーカウンターに設置予定。
「アクアリウムのあるバー」になるのだろうか(笑)

| | TrackBack (0)

April 26, 2011

4月のラーメンライド

第三京浜の港北IC近くに、数軒のラブホテルが建っている。
東京方面から車で帰るとき、それらのネオンが目にはいると「横浜に戻ってきた」と思う。
いつもは高速で通り過ぎるばかりなので、実際はどのあたりに位置しているのかよくわかっていなかった。
利用する機会もないし。

4月25日の夜、私はそのラブホテルの近くを自転車で走っていた。

もちろん行き先はそこではなく、さらに先にあるラーメン店だ。
月に1度開催されている「ラーメンライド」の途中なのである。
中区の関内にあるランニングステーション「THE SPACE」を自転車で出発して、
ただラーメンを食べに行くだけのゆるいイベントが、ラーメンライドだ。
どこへ行くかは、出発するまでわからない。すべては先導役のTHE SPACE店長が決めるからだ。
そしてその夜、告げられた行き先は都筑区にある「魁力屋」という店。
京都に本店がある店の、関東進出第一号店らしい。
道はよくわからないが、とにかくついていくと、くだんのラブホテル近くを通ったというわけだ。
長年の疑問がようやく解けた。なるほど、このへんだったのか。
何かの参考程度にはなるかもしれない。

目指す店は、中原街道沿いにある。
大きな看板と駐車場、そして待ち席が店外にズラッと並んでいる。
なんでも、昼どきや休日は大行列するという話だ。

午後9時半過ぎ、総勢5名のラーメンライダーは待つことなく座敷席に落ち着いた。
私は基本の醤油ラーメンと味玉、焼き飯のセット。
褐色の醤油スープに背脂が浮き、青ネギがトッピングされている。
麺はやや細めのストレート。
関東ではあまりポピュラーではない系統のラーメンだが、なるほど、行列ができるのはわかる気がする。

Photo
久しぶりに新福菜館のラーメンと焼き飯が食べたくなった。

関内から往復で30km弱。通勤距離を足すと、65kmくらい走行した1日だった。
家に着く頃にはもう一杯くらい食べられる気分になったから、自転車はやはり腹が減る。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧