June 14, 2009

三沢光晴、死す

「プロレスリング・ノア」の三沢光晴が、タッグマッチでバックドロップを受けて死亡。

ネットでニュースを見てショックを受けた。
あの三沢が……
今までのダメージが蓄積されていたのだろうか。
言葉がない。

| | TrackBack (0)

October 20, 2005

朝日新聞の「史輝出版」報道

 10月5日付の朝日新聞に、「史記出版」の詐欺まがい商法について逮捕者が出たという記事が載っていた。
 その後日記事も、「体験談商法にご注意」のタイトルで19日付の朝刊に載っている。「アガリクスがガンに効く」「アガリクスでガンが消えた」などなど、健康食品の体験談や科学的な調査に基づいた(とされる)内容の本を史輝出版というところが出し、広告をする。それにつられて本を買った人は中で紹介されている健康食品会社のアガリスクを買い求めるように誘導されるというもの。本の内容自体を広告と見なされ、薬事法違反で関係者が逮捕された。
 ある健食会社が史輝出版にカネを出し、アガリクスについての本を出すようタイアップする。出版社から発注を受けたライターは、図書館などで資料を調べ、体験談を「創作」していたというもの。つまり、でっち上げだ。
 しかし新聞では「体験談商法にご注意」などといっているが、朝日新聞自体がその史輝出版の出版広告を載せていたことにはいっさい触れていない。二年ほど前に法律が変わり、薬事法や健康増進法に抵触した会社の広告を載せたメディアにも罰則が科せられるということになったはずだ。この体験談商法では「メディアは善意の第三者」とでもいうつもりなのだろうか。
 自分は頬っかむりをして、正義の論調をかざす。朝日に限らず、日本の大マスコミの体質なのだろうなぁ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

ハマの番長、橋本に捧ぐ

リンク: Yahoo!プロ野球 ニュース スポーツ報知.

 すっかり蝶野の「チーム2000」の一員だけだと思っていたが、橋本とも親交があったは知らなかった。
 浜スタで聞きたかった、橋本のテーマ曲。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

ブッチャー橋本、早すぎる死

 橋本真也が亡くなった。一報を受けたのは、大阪でうどんを食べているときだった。プロレス仲間からのメールだ。何のことかわからなくて、携帯サイトでニュースをチェックした。そのまま梅田の地下街をフラフラ歩き、目についた立ち飲み串カツ屋で酎ハイを何杯もあおった。
 あの鉢巻と、しばらくの間着ていた「闘魂伝承」ガウン姿が、頭の中に張り付いていた。水面蹴りや垂直落下DDTの映像が、何度も繰り返し再生されていた。
 新大阪駅でウイスキーの水割り缶を買い、ホームで空けた。まだ飲みたかった。もう一缶を飲み干し、シートに埋まり込んで眠った。「爆勝宣言」に合わせた橋本コールが、悪夢のようにずっとリプレイされていた。
 プロレスをよく見に行っていたころ、橋本は中心人物だった。あまりに強く、メジャーでありすぎたので、正直それほど思い入れは持てなかった。小川との抗争では「最強のかませ犬」と評して悦に入っていた。テレ朝と組んでの復帰ドラマも冷めて見ていた。
 ゼロワンの旗揚げ戦を見に行ったのが、最後かもしれない。
 それでも、気になるレスラーでありつづけた。トンパチなキャラクター、子供みたいな行動、空手チョップへのこだわり……そういったものすべてがプロレスラーとしての存在感を醸し出していた。
 新日を飛び出さなかったら、あのとき肩を破壊されなかったら、ゼロワンと袂を分かたなかったら……今となってはむなしいだけだ。
 やりたいことをやって、太く短い人生を生きたんだから、幸せだったと思いたい。それが、ファンとしての納得の仕方なのだろう、きっと。
 合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

「夕暮れ時はさびしそう」の天野滋さんが死去

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「夕暮れ時はさびしそう」の天野滋さんが死去.

 このブログでも以前採り上げた「NSP再始動」のニュースが頭を駆け巡っている。
 早すぎるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2005

塩沢とき がん手術3度目

リンク: Yahoo!ニュース - デイリースポーツ - 塩沢とき がん手術3度目.

 ちょっと前のニュースであるが、思いだしたので。
 そのニュースが朝のワイドショーで流れているとき、ザッピングをしているとTVK(テレビ神奈川)で「青汁」の通販番組をやっていた。インフォマーシャルという、番組形式の長尺CMだ。「まずい!」で有名になったメーカーが提供していた。
 司会者が「今日ご登場いただくのは」と呼び出したのが塩沢とき。「ガンを青汁で乗り越えて元気いっぱい!」なんていうコメントを発する。もちろん、これは録画である。一方、生放送の表番組では「ガン摘出」の記者会見が流れている最中。
 これは文字通り「まずい」。TVKの編成担当は焦っていたのではないか。しかし代替素材はないし、そのまま流すしかなかったのであろう。
 何となく、慌てている舞台裏が想像できた何分かであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

全日本女子が解散、37年間の歴史に幕 - nikkansports.com > バトルニュース

リンク: 全日本女子が解散、37年間の歴史に幕 - nikkansports.com > バトルニュース.

 少し前のことだが、全日本女子プロレスが解散した。不渡りを出しながらも存続してきたことが奇跡なのだが、ついに命運は尽きたようだ。
 経緯や事情はプロレス誌紙であれこれ述べられているので、ここで何か言っても仕方ない。だが、仕事で全女と関わっていた時期もあるがゆえに、個人的にはやるせないというか、「あの頃はよかった」的な感慨も湧いてくるのである。
 90年代半ばまでのブームを、どう活かせばよかったか。戦略のミスなのだろうか。経営陣のビジョンのなさなのだろうか。男子を含むプロレス界の沈滞ぶりを見るにつけ、この解散劇はいろいろな象徴なのだと思うのだ。
 フリーダムフォース……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2005

英ローバーが倒産

リンク: YOMIURI ON-LINE / 経済.

 なんともはや、である。かつてミニ・メイフェア(今、ミニはBMWに助けてもらっているが)に乗っていたし、友人がローバーTC3000(だっけ?)を偏愛していたし、ローバーのステーション・ワゴンを買おうともしていたので、感慨は深い。ローバー75なんかはけっこういい車だと思うのだが、だめだったか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 23, 2005

お台場の事件続報

 お台場のメルセデス突っこみ&パトカー乗っ取り未遂事件の続報が、朝日新聞の記事になっていた。
 番組を見ていて、バット振り回し男が向かってきたときの警官の逃げ足が、ずいぶん速いと思っていたのだ。小島アナもそこを突っ込んでいた。
 あんなとき、拳銃を抜いて対抗できないものなのだろうか。普段から訓練していないと、抜けないものなのか。きっと、腰にある重い物体の存在を忘れているのだろうな。
 「そなえよ、つねに」は警察官にこそ唱えてもらいたいスローガンである。
 ま、苦言を呈した首相が常に備えているかどうかは、コメントを避けるが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

磨き屋シンジケート

2005.2.22
 テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で、新潟県燕市の金属製造業界のことをやっていた。特に、研磨業の人たちが集まって「シンジケート」をつくり、「一個から磨きます」と全国にアピールしているのだそうだ。今まではライバル同士だった磨き職人が、共同で生き残りをはかっている。大企業の研究室からの依頼が増えているともいっていた。
 そして驚いたことに、iPodの後ろ側の鏡面仕上げはこのシンジケートで請け負っているという。いかにも家内制工業、という感じの仕事場で、みんなでバフがけしている映像も流れた。いや、いいなあ。
 そういえば、私は金属を磨くことに快感を覚える傾向があったのだ。ピカールやコンパウンドで、真鍮のペーパーウェイトやアルミのエンジンブロックをぴかぴかにするのが楽しみだった。
 ま、その行為によって男が磨けたわけでもないし、今や私の頭部は磨かずとも光を放つようになってきたのであるが、久しぶりに「バフがけ」という言葉を書いたりすると、やはり「いいなぁ」としみじみ思ってしまうのである。
 iPod、磨いてみよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧