« 銀座 路地裏 コロッケ | Main

August 15, 2013

「泣ける話」ページは何のために?

Facebookに、泣ける話やほっこりするエピソードやへえ、と思わせる知識などを集めたページがある。
「切なくて悲しくて」
https://www.facebook.com/setsunakutekanashikute

知人が「イイネ」を押していたのでちょっと見てみたら、
思わず涙腺がゆるみそうになる話がずらっと並んでいた。
それぞれが相当数シェアされている。

世の中、捨てたもんじゃない。
心の持ち方ひとつで、絶望は希望に変わる。
元気が出た。
希望が見えた。

自分の体験に重ねているコメントも多い。
人に語りたくなるような内容ばかりだからね。

だが、ちょっと待てよ。
ネット、特にSNSで流布される「いい話」「感動話」には、
眉につばを付けて読め、という教訓があるではないか。

デマだったり嘘だったり、どこからかのコピーだったり。
今までさんざんそんな「いい話」が現れては、誰かに馬脚を暴かれて消えていった。

このページは、一体誰が、何のために運営しているのだろうか。
宗教団体? 情報商材屋? メンタル系の塾?

ページをあちこち見ても、その正体がわからない。

ネタを拾って来たり、挿絵的に使っている版権フリーのイラストや写真を探したりする手間もかかる。
何かの目的がないと、とても続かないだろう。

一体目的は何なのか。
運営者は何がしたいのか。

なんだか、とても気持ち悪い。
そのうち誰かが掘り出してくれるのかな。
それを期待して待ってみようか。

あ、でもこのページの利用方法を一つ思いついた。
「朝礼のネタ」である。

社長や上司が始業前に一席ぶつとき、この中で見つけたエピソードを披露すればいい。
それに相応しいネタがいっぱい並んでいるから。
「社長、朝から感動して泣いちゃいました」
「部長、元気の出るお話をありがとうございます」
「リーダー、どこでこんなジンとくる話を見つけてくるんですか」
そんな声が部下から上がること間違いなし。

もしかしてもっとネタが溜まったら、まとめて出版することを考えてるのかな。
うん、それならわかるかも。

Ws000010

|

« 銀座 路地裏 コロッケ | Main

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50170/57996987

Listed below are links to weblogs that reference 「泣ける話」ページは何のために?:

« 銀座 路地裏 コロッケ | Main