« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

April 24, 2012

【本】突撃!よこはま村の100人——自転車記者が行く

「ラーメンライド」という、自転車に乗ってラーメンを食べに行くだけの企画をたまにやる。
横浜関内のランニングステーション「The Space」の主催だ。

どこで聞きつけたか、あるとき神奈川新聞の記者が同行取材させてほしいと言ってきた。
「自転車記者が行く」というコーナーの担当者である。
本来は県警本部などに詰めている事件記者なのだが、バランスを取るためか、こういう文化部的なものも担当するのだろう。

で、その夜は7〜8人で出発し、神奈川区にある「とんぱた亭」という家系ラーメン屋さんを目指した。
その時のことが記事になり、今でもThe Space店内に貼ってある。
「まじめにバカをやる」という、まあほめ言葉の部類に入るであろうタイトルだ。
私も「ベテランライダー」として実名入りで登場している。
(ライダーとしてはそれほどベテランではないが。ライターとしてならそうかもしれない)
かっこいいぜ、オッサン! と言ってくれているが、当日は20代青年もいたのである(笑)

そのシリーズがまとめられ、本になった。
新聞掲載時は写真だったが、本の中ではヘタウマ風イラストになっている。

現時点ではまだ予約段階だが、The Spaceに献本があったので、一足先にぱちりしてきた。

Photo

ちなみに、私の知り合いも他のページに何人か登場しているようだ。


| | TrackBack (0)

【本】自転車はここを走る!

ご存じ疋田智さんと自活研の小林成基さんが、表題のタイトルの本を出した。

自転車で道路を走っていると、「これ、どこのレーンを走ればいいんだ」という場面にしょっちゅう出くわす。
代表的なのは、突然現れる左折専用レーン。しかもそれが2レーンになっていることもある。
横浜だと港の周辺、コンテナがビュンビュン通るところ。

警察の見解では、左折レーンは直進してもいいという。
左折車の合間を見計らって。
どうしても危ない場合はそのまま左折して、横断歩道のあるところを渡ってまた引き返す。

たしかに法的にはそうだろうね。
私が以前県警の人に訊いた時もそんな答えだった。

だけど、この本にも書いてある通り、回り道する距離が半端ない場合もある。
そんなときの対処方法がわかる。

その他、最近あちこちで増えてきた車道を区切った「自転車道」。
路側帯の部分を色分けしてある「自転車レーン」。
広めの歩道を区切って色分けしてある「自歩道」。

それらがあるとき、車道をそのまま通行していいのかどうかも、グレーだった。
どの場合はどこを通るのか、とか、それぞれの問題点も掘り起こされている。

今まで曖昧だったことのずいぶん多くが、この本で解決した。

実例写真も豊富でわかりやすい。

自転車に乗る人すべてにおすすめだと思う。



| | TrackBack (0)

April 15, 2012

ひっさしぶりにサイクリング&ラーメン

葉山方面へサイクリングに行ってきた。
去年の秋以来かもしれない。
精神的にも時間的にもまったく余裕がなく、通勤以外にほとんど自転車に乗っていなかった。
おまけに、ランニングでふくらはぎを傷めてしまって、体を動かすのがおっくうになっていた。
でも自転車をこぐのには支障がほとんどないから、ラン復帰まで心肺機能を維持するのには
自転車乗らねばなのだ。

そんなわけで、桜も散り終わる日曜日、サイクリングに。

BIANCHのクロモリロードにフロントバッグを付け、サイクリングオーラを発する。
これで、キメキメローディに抜かれても、登りでふらついても大丈夫。

逗葉高校前の登り坂は、桜並木。
ここはすでに葉桜に移行する直前。

5

その次は、南郷上の山公園。
こちらは少し花が残っていた。
連続で登り坂2本。脚がピキピキ。

3

お次は、湘南国際村。
いつもはTTしている登り坂を、サイクリングペースで走る。
きついけれど、なんだか楽しい。
TT中は辛いだけだけど、タイムはどーでもいいとなると、余裕が生まれるのだね。

Photo

日曜の国際村はいつものようにフリーマーケット。
なんか仕入れて帰ろうか、などと思ってしまうが、バッグの容量が足りない。
そうか、パニアを前後に付けておけば仕入れバイクになるな(笑)

2

山を下りて、ハンガーノック寸前の胃袋を葉山コロッケで生き返らせる。
残りはお土産。
皮パンが、午後遅くまで残っているようになったね。
増産体制になったのだろうか。

4

そういえば、葉山近辺もいろいろ変わったね。
逗葉新道沿いにマーロウとげんべいができていた。
げんべいは葉山海岸通りの店が閉まっていたから移転なのかな。
ぼんじゅうるが閉店していたり、和楽の大判焼きが予約のみとなっていたり。
ぽちぽちと新しいベーカリーやカフェ、モーターサイクルショップなども発見。

メインディッシュは小浜でいつものわんたんめん。
スープの透明度は高いけれど、意外に味は濃い。
葉山マリーナのヨットマン向けなのだろうか。自転車乗りにもぴったり。

1

たったの43kmライドだったけど、リハビリにはじゅうぶん。
坂を何本か登ったが、帰りに足が痙ることもなく心地よい疲れにとどまっている。
またいこっと。

| | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »