« June 2011 | Main | February 2012 »

July 2011

July 17, 2011

川沿い海沿いラン

沼津の実家に戻る用事があったので、ついでに近所をランニング。
日中はとても走る気にならず、夕方6時頃からスタート。

この町を走るときはたいてい狩野川の堤。
ここ、見晴らしはいいのだが日陰が皆無だ。
夏は全身を太陽にさらしながら走らねばならない。
どこかいいランニングコースはないものか……。

港大橋の上から富士山方向を眺めたり。
(雲に隠れて見えない。再来週、登山予定)
Photo_2

「TAP ROOM」の本店前を通ったり。
(中目黒、原宿、横浜に支店がある、沼津の地ビールバー。
ベアードビールはもともとここに醸造所があった)
Photo_3

港を一望できる施設「びゅーお」。まだ上ったことはないが。
Photo_4

千本浜の防潮堤を走ったり。
夕凪の駿河湾。左に見えるのが大瀬崎。
(『おおせ』と誤読されるケースも多いようだが、
誰が何と言っても『おせ』である。おおせ、と言われると非常に気持ち悪い)
Photo_5

「二郎インスパイア」を名乗るラーメン店が狩野川の堤防沿いに。
期間限定とも書いてあった。そのうち行かねば。
Photo_6

母校のボート部艇庫。昔より立派になっている。
Photo_7

という感じできょろきょろしながら1時間半ほどラン。
Tシャツ絞れるくらいの汗をかいて終了。

帰りの運転は眠くなると思ったが、リフレッシュして眼が冴え渡っていた。
何だか拍子抜け(笑)

| | TrackBack (0)

July 13, 2011

丹沢 岳ノ台から三ノ塔歩き

今月末には、富士山へ行く予定がある。
それにしては山歩きをさぼっていたので、ちょっと慣らしておかねば。
ということで、丹沢へ行ってきた。
表尾根の縦走は2年前に、岳ノ台は去年行っている。
今年は鍋割山かなとも思ったが、この暑さなのでせっかく行っても鍋焼きうどんを食べられないのがもったいない。

というわけで、ふたたび岳ノ台へ。

友人夫妻(富士山へもご一緒する)と、私の大学時代の先輩女子で山にはまっている方と、全部で4名。
先輩は翌日から北岳目指して出発するというタフネスぶり。

さて、朝、ヤビツ峠まではバス。
毎度のことながら、峠アタックしているローディを車窓から観察してしまう。
お、クロスバイクがいるな、と思ったらシボレーの自転車。よく登ってくるなぁ。
LEGONジャージを着た人が下っていった。もう一本上るのかな(笑)

いつもヤビコーラを飲む売店の左から階段を登って、トレッキング開始。

P1050764

ちょいと斜度のきつい階段を登り、心拍を上げながら登山道へ。
いい具合に木陰が続くので、カンカン照りの日でも少しは快適だ。

102_3864

P1050767

菩提峠で、私には絶対にできないハンググライダーの発進台を見物。

102_3867

この人たち、あとで三ノ塔の上空から手を振ってくれた。

P1050813

102_3870

発進台。この端から向こうをのぞき込むとお尻が冷えます。

102_3873

日本武尊が立ち寄ったと言われている場所を過ぎ、二ノ塔~三ノ塔へ。
道中、たくさんのトレイルランナーとすれ違う。
秋になったら走りに来てみようか。

102_3876_2

102_3879

P1050827

尾根道から見る山々の連なり。風が吹き渡り、汗が一瞬だが引く。
こんな風景を見られるから、山に登ってるんだな、きっと。

三ノ塔でお昼を食べ、下山道へ。三ノ塔尾根をずっと下っていく。
階段が多い。斜度がある程度きついから、階段の方が歩きやすいのかもしれないが。
大腿四頭筋が震え始めた。
こりゃ2日後に階段を下りるときは泣くだろな。

大倉へ、風の吊り端を渡って行き、バスで渋沢へ。

102_3881

102_3884

駆け足で通り過ぎていった梅雨を恨むかのように、あじさいが咲き誇る。

この暑さだから、烏尾山まで行かなくて正解だったかもしれない。
ハイドレーションに2L入れてあったが、帰ってから見てみると、2/3くらいの消費だった。
500mLペットボトル3本分か。そんなに多くはないのかも。

さあ、月末は富士山。今年は徹夜登山予定だから、往路はそれほど暑さに悩まされずにすむだろう。
下りは須走口までの砂走り。あそこは岩がゴロゴロと埋まっていて、走りにくいんだよなぁ。

| | TrackBack (0)

July 09, 2011

横浜エコライド2011 コース試走

今年も「横浜エコライド」開催決定!

10月30日(日)
山下公園スタート/ゴール
※募集開始は、8月20日からの予定です。
主催:横浜ペダルプロジェクト

よろしくお願いします!

---------------------------

というわけで、それに先だって今年のコース決めをするため、試走してきた。

横浜の見どころというとパッといくつか思いつく。
けれど、そのどれもが港周辺に集まっている。
そのため、自転車で20kmちょっとのコースを、
バリエーションを付けながら毎年設定していくのは意外に頭を使うのだ。

できる限り右折は減らしたい。だから反時計回りにしたい。
エイドステーションに入るにも、道の左側にしておかないと危ない。
信号の手前で左折専用レーンが出てくるときはどうしようか。
などなど。
自転車で安全に楽しく、しかも何百人もの人たちがいっせいに走るためには、
いろんなことを考えなければならない。

と、言い訳めいたことを並べながら、今年のコース試走レポ。

土曜日の午前中。すでに気温は30℃を超えていた。
山下公園を出発して、ひとまず谷戸坂を登ってみる。
102_3828_2

山手本通りがここから始まるのだが、去年はすぐに元町へ下りてしまったので、
ちょっと短いんではないかという声もあった。
だからずっと先まで行ってみた。

102_3841

こういうところも通ったりする。

根岸森林公園に隣接(というか、その中にあるのか)して、
米軍住宅が建っている。その横には広い芝生スペースがあり、
レンガ造りの旧い建物が今でも残っている。
これは、競馬場があった頃の一等馬見所。立ち入りはできない。
ここをエイドステーションに……できればいいんだけどなぁ。

102_3831
102_3835

広い芝生スペースの向こうに立つ、古びたレンガ造り。
初めて来たときはけっこうびっくりした。
自転車は押して歩かねばならない。そして、芝生の向こうにはフェンスが立つ。
入り口には武装したMPがいたりする。

そのあと、そこらへんをちょっと走っているうちに、本牧通りのこんな場所に。

102_3836

ここを上がってみた。
路面に蛇の目模様の付いているなかなかの急勾配。
本牧中、緑が丘高校の方へ出る。

102_3838

洋館の上に風見鶏。しかし旧い建物ではなく、復刻版のようだ。

緑が丘の前で休んでいると、なんだか横山剣さんそっくりの人が原付で通り過ぎていった。
思い切り地元だし、可能性はあるな(笑)

丘を下りてウロウロと。
県庁前の信号待ちで気づいたのだが、ここって横浜三塔がいっぺんに見られる場所のひとつじゃないのかな。
そこに立つと願いが叶うという言い伝えがあるのだ。

102_3844

左の木とビルの間にクイーン、右にのぞくのがキング。

102_3845

こちらは威風堂々のジャック。

去年も行ったコットンハーバーへも寄ってみた。
ここにもエイドがほしいなぁ。クリアすべき点はいっぱいあるようだけれど。

102_3857

芝生の向こうには、海が見える。気持ちいいんだから。

102_3859

最後、みなとみらい大橋から望む、おなじみの風景。
いやー暑かった。

頭の中ではざっと地図は描けたけれど、実際に運用するとどうなるか。
もうちょっと工夫が必要か。

それにしても、山下公園から右に行かれればいいんだけどねぇ。
あそこ、歩行者用青信号がきわめて短い時間なんだよなぁ。

| | TrackBack (0)

July 04, 2011

月例湘南マラソンでサイクらー

久しぶりに月例湘南マラソンへ行ってきた。
この大会は何十年も前からやっているが、去年あたりから新規登録を中止している。
あまりに人数が増えすぎ、一般の散歩者やサーファーと接触などのトラブルが相次いだからだ。
コースとなっているサイクリングロードは、横断できないくらいランナーが続き、サーファーのイライラが伝わってきたりもしていた。
ちょっと経てば減るとは思うがね。

着替えてスタートラインまで歩いていたら、前職の同僚と会った。
ボードラックを付けた錆び錆びのビーチクルーザーに乗る、ロコサーファーだ。
迷惑かけてすまんなぁと言い、別れる。

この日の足はロードバイク。
稲村の手前あたりで4台くらいのロードを抜いたらあとをぴったり付いてこられ、
仕方ないのでそのまま鵠沼まで35km/h巡航で引くはめに。
かなり消耗。馬鹿ですねぇ。

マラソンは、10kmの部が高気温のため5kmに短縮。
8時の時点で31℃あったらしいから賢明な措置だろう。

ということで、私も5kmラン。
ペース配分もへったくれもないので、足が進むまま。
水分補給をしながら走ったが、終盤は思うように前に出ない。
猛烈に暑い。すこしクラクラしてきた。
そんなこんなでゴール。自己計測で25分15秒。
意外に走れたな。

P2011_0703_101105

終わってみるとまだ10時過ぎ。
鎌倉のラーメン店で昼を食べようと思っていたので、若宮大路のミスドで涼みながら時間調整して店へ向かう。店名を「HANABI」という。
何度か前を通りかかり、気になっていたのだ。

醤油魚介のオーソドックスなラーメン。
魚粉に走らない節制が利いたスープはとても上質で、好感が持てる。

P2011_0703_114851

まあそれにしても暑かった。
今年初めてのヘロヘロさ加減。
バイク45km、ラン5km。

| | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | February 2012 »