« ファンタジー・ノベルズがいっぱい | Main | 焼き肉「大衆」@野毛 »

January 30, 2009

「家系」みたいなスープ、しかも酒井製麺使用の「がら屋」

昼、戸部に行き、用事を済ませたあとで駅の高架下でラーメン店を発見。「がら屋」という屋号。
けっこう佇まいに味わいがある。醤油・塩・味噌があり券売機が入り口付近に、ということを見て、「天下一系か?」と思ったが、ライスが有料だったから安心して(笑)入店。

普通の醤油ラーメン+味玉。スープは「家系?」とむせびそうになるくらいそれ系。しかも、奥に積んである麺箱は「酒井製麺」じゃないか。しかし、水菜、岩のりと家系とは一線を画す仕上げで、全然ちがうラーメンになっているみたい。
このスープの「塩」がどんなだか今度チェックしてみよう。
0130garaya

夕方、浜松町へ行き、知人に教えてもらった路麺「伊那」へ。低いカウンターに椅子が並ぶ。立ち食いというわけではないみたい。
かき揚げそば350円。そばは信州より直送の生そば。つゆはあっさり。悪くないですねぇ。ただ、かき揚げの衣が厚くて、でろん、と溶け出しそうな感じがちょっと。でも、このへんに来たときの選択肢のひとつとしては充分。
0130ina

中途半端な時間におそば食べちゃったなあ。晩飯どうしようかな、という悩みが沈殿し、この後に続くのであった……

|

« ファンタジー・ノベルズがいっぱい | Main | 焼き肉「大衆」@野毛 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50170/43922632

Listed below are links to weblogs that reference 「家系」みたいなスープ、しかも酒井製麺使用の「がら屋」:

« ファンタジー・ノベルズがいっぱい | Main | 焼き肉「大衆」@野毛 »