« いつの間にか、素肌 | Main | プチ粉もんツアー »

February 09, 2005

慶應つながりで二杯

P1000015

2005.2.7-8
 麻布十番で仕事が終わり、なんとなく南北線で目黒へ。なんとなく権の助坂を下ってみたら、「二郎」が開いていたから並んだ。15人くらいか。でもかなり待った。
 何を思ったか、「大」の食券を買ってしまい、ええいとばかり野菜辛めに。
 久しぶりだが、麺がなかなかうまく感じた。粉のおいしさがいい。
 目黒二郎だからなのか、店内のポスターやバイト君や客に、慶應関係が多い。応援団は「応援指導部」ということを知ったりした。

 で、翌8日は田町で午前中の仕事が終わり、なんとなく慶應仲通りを歩いて「元がんこ」へ。ここも久しぶりだ。塩を注文。キリッとしたスープなれどきつすぎない。がんこ特有のチャーシューを懐かしみながら味わう。
 「店内で携帯電話の使用は禁止」と張り紙があったので写真は撮らず。
 夜はまた麻布十番で仕事。近場の「天下五麺」という店で味噌ラーメンとビール。
 疲れたけれど、この仕事でご一緒したアイドル女優S.E.ちゃんがたまらなく可愛いので、癒された。もうオヤジ連中はメロメロだったのだ。

|

« いつの間にか、素肌 | Main | プチ粉もんツアー »

Comments

 メグ二郎にがんこ五代目なんていいね。立て続けだとツライけど、翌日ならグッド。今日にも三田へ行ってしまおうかしらん。
 ・・・私もそんな可愛い子に癒されたいっす。

Posted by: BUSH | February 09, 2005 at 08:31 AM

こんにちは、はじめまして☆
ラーメン大好きな私としてはいつも楽しく読ませて頂いております(^-^
学校帰りにラーメン食べたいなーと思うのですが、どこがおいしいのか分からず結局素通りして電車乗ってしまうので、この記事はとっても参考になりそうです。今度がんこという店へ行ってみたいと思います。

Posted by: michico* | February 11, 2005 at 01:26 AM

>BUSHさん
三田方面もがんこ系もここんとこあんまり行ってなくて、
何だか懐かしかったのです。
んで、アイドル女優S.E.嬢、今年は来ますよ。
間違いなく(断言)

>michico*さん
ども、初めまして。
お読み下さりありがとうございます。
「がんこ」は外見が取っつきにくいけど、
入ってみれば優しいおやじさんです。
機会があればぜひ西早稲田の総本家にも。
でもまあ、三田といえば「二郎」の本店ですねぇ。
時間さえあれば並びたいところです。

で、私も「LIVEstrong」アームバンド持ってます。
ユースサイズしかないので、自転車のサイクルコンピュータに
巻き付けて走ってます。
てなところで。
あ、そういえばちょっと前までLOMOユーザーでもありました。
ではでは。

Posted by: toby | February 11, 2005 at 01:55 AM

またまた こんにちは☆
お店のこと教えていただき、ありがとうございます!
ロモユーザーだったんですね~v
他の記事も全部読みました(^-^ 
ランスのブレス、私も買おうかな♪

あ、あともう1つ。 どうやらエリア的に横浜南部っていうのがどうもお近くなのではないかと思ってオリマス。
もしかしたらご近所さんかも~。
といったことで、どうぞこれからもよろしくお願いします☆

Posted by: michico* | February 12, 2005 at 12:38 AM

>michico*さん
またまたどうもです。
LOMOは売っちゃってから後悔してました。
あとから見ると、四隅の落ち方がとてもいいのですよね。
といっても、いい写真が撮れるとは限らないし、
どうも私には写真のセンスがないようだし。
黄色いアームバンドは、アメリカ在住の友人が送ってくれたものです。
「アメリカではみんな鼻輪にしているぞ」と言っていましたが、
たぶん誤解でしょう。
「オーシャンズ……」のプロモーションで来日した
マット・デイモンもちゃんと手首にしていたし。

Posted by: toby | February 13, 2005 at 12:26 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50170/2857370

Listed below are links to weblogs that reference 慶應つながりで二杯:

« いつの間にか、素肌 | Main | プチ粉もんツアー »