August 15, 2013

「泣ける話」ページは何のために?

Facebookに、泣ける話やほっこりするエピソードやへえ、と思わせる知識などを集めたページがある。
「切なくて悲しくて」
https://www.facebook.com/setsunakutekanashikute

知人が「イイネ」を押していたのでちょっと見てみたら、
思わず涙腺がゆるみそうになる話がずらっと並んでいた。
それぞれが相当数シェアされている。

世の中、捨てたもんじゃない。
心の持ち方ひとつで、絶望は希望に変わる。
元気が出た。
希望が見えた。

自分の体験に重ねているコメントも多い。
人に語りたくなるような内容ばかりだからね。

だが、ちょっと待てよ。
ネット、特にSNSで流布される「いい話」「感動話」には、
眉につばを付けて読め、という教訓があるではないか。

デマだったり嘘だったり、どこからかのコピーだったり。
今までさんざんそんな「いい話」が現れては、誰かに馬脚を暴かれて消えていった。

このページは、一体誰が、何のために運営しているのだろうか。
宗教団体? 情報商材屋? メンタル系の塾?

ページをあちこち見ても、その正体がわからない。

ネタを拾って来たり、挿絵的に使っている版権フリーのイラストや写真を探したりする手間もかかる。
何かの目的がないと、とても続かないだろう。

一体目的は何なのか。
運営者は何がしたいのか。

なんだか、とても気持ち悪い。
そのうち誰かが掘り出してくれるのかな。
それを期待して待ってみようか。

あ、でもこのページの利用方法を一つ思いついた。
「朝礼のネタ」である。

社長や上司が始業前に一席ぶつとき、この中で見つけたエピソードを披露すればいい。
それに相応しいネタがいっぱい並んでいるから。
「社長、朝から感動して泣いちゃいました」
「部長、元気の出るお話をありがとうございます」
「リーダー、どこでこんなジンとくる話を見つけてくるんですか」
そんな声が部下から上がること間違いなし。

もしかしてもっとネタが溜まったら、まとめて出版することを考えてるのかな。
うん、それならわかるかも。

Ws000010

| | TrackBack (0)

May 09, 2013

銀座 路地裏 コロッケ

「創業 昭和2年」とメニュー表に書かれている、銀座の「チョウシ屋」。

本来はお肉屋さんだが、ここで有名なのが「コロッケ」である。
朝早くから大量のジャガイモを茹で、皮をむき、つぶして作っている。
(かなり前だが、そのシーンをTVで見たことがある)
コロッケ、メンチ、ハムカツ、トンカツ。それをはさんだパンも作ってくれる。
実はこの店の筋向かいのビルにある会社で、2年ほど働いていた。
1980年代初頭のことだ。
夕方になり、小腹が減ってくるとここへ買いに行き、おやつ代わりに食べていた。
今日、この近くへ打ち合わせに行ってまだやっているのを発見。
思わず懐かしくて買ってしまったのである。
Choushiya_1

Choushiya_2
Choushiya_3
「おかづ」というのも味わい。
うーん、記憶の中の味と変わらず。シンプルさがいいねぇ。
お昼を食べてないことを思い出し、近くの「長浜ラーメン やまちゃん」で一杯。
Yamachan

| | TrackBack (0)

April 26, 2013

困った人たち〜ラウドスピーカーおばさんと消沈亭主

あるクライアントの仕事をすることになった。
ひょんなことで知り合った夫婦から入ってきた案件。

町の活性化を狙いとした内容だった。
打合せの時に主としてしゃべっていたのは奥さんの方で、
亭主は時々合いの手を入れたり、混ぜっ返したりするくらい。
それでも、趣旨説明くらいはしてくれたのだが、
どうも歯切れが悪いしゃべり方だ。
自信がないというか。
さまざまな案件を手がけているプロデューサーという立場、と言っていたが、
奥さんがリードというか、コントロールしているような印象。
彼女がどういうポジションなのか、今ひとつ掴みきれなかった。
まあ、こちらとしても仕事は選ばない方なので、
いくつか企画を考えて提案した。
最初のプレゼンはその亭主にやってもらった。
仕事の流れは、
クライアント→代理店→企画屋→亭主と奥さん→我々
というもの。
ひ孫どころか、ひひ孫請けだったけれどね。
さて、企画が採用されたということなので、詳細を詰めて2度目のプレゼンを
することとなった。
我々でいろいろ軌道修正も行い、新たなアイデアも加えて組み立てた。
亭主は、うなずきながら見ていた。
奥さんもやってきては、町づくりについていろいろとしゃべりまくっていった。
あちこちの団体や会社に首を突っ込んで町づくりに一生懸命であること、
とても顔が広いことを、盛んにアピールしていた。
さて、2度目のプレゼンでは私が出席して説明した。
説明を終わって、クライアント曰く。
「なんで決まったことを仕上げて来ないんだ。新しい提案をされても困る」
え?
要するに、我々が行った軌道修正は、まったくの見当違いだったのだ。
その他の提案も同じ。的外れ、と一蹴。
つまり、亭主がまったく機能していなかったことになる。
だって、軌道修正したり新たなアイデアを加えたりすることに、
まったく口をはさまなかったのだからね。
「いいねえ」と何度も口にしていたし。
しかし最初のプレゼンで決まった内容は、もう決定事項で動かせない。
そのことを、まったく理解していなかったわけだ。

顔が呆けてしまった。言葉が停まった。
こんな無様なプレゼンは久しぶりだ。
(ま、以前にもあったんだけどね、相当酷いプレゼンも)

見かねて企画屋が、「じゃあ、企画書はこっちで修正しておきますから」と引き取った。

帰り際に亭主は、「これからクライアントさんたちと会食するんで、夜事務所に行きます」
と小声で言って去った。
そして夜10時過ぎに現れ、
「娘がまだ夕食食べてないって言うから、行かなきゃならない。
明日時間あります?」と酒臭い息で言うのだった。

仕事が根底から覆るところだというのに、娘と食事?
乳幼児ならわかるが、たしか社会人だと言っていなかったか?

またまた呆れ返った。
そして言った。
「すみません、この案件降りさせていただきます」

亭主はそこで反論するでもなく、「困ったなあ」と言いながら帰って行った。
奥さんから翌日、「断ったと聞いてびっくりした。今から受けてくれるところを探すのは大変だ」というメッセージが来た。
こちらも悪いことをしたと思っているので、いくつか心当たりの会社を挙げておいた。
何日か経って、また奥さんからメッセージが来た。
「何とか見つかった」と。
ま、それはよかったけれど、大本のアイデアはこちらなのだから、
本来なら使用料も発生しますよね、と釘を刺すようなメッセージを返した。
すると「最後までやり通すのが条件なのに承伏しかねる」と返ってきた。
釘刺しのつもりだったので、「契約書もないのに『条件』とはよくわかりませんが、
もう好きにしてください」という内容でやり取りを終わりにした。
亭主からは、その間一言の発言もなかった。

翌日、このいきさつを知る人から「ソーシャルメディアであのこと書かれてるよ」と連絡が来た。
奥さんが「途中で投げ出したくせにカネを要求する酷いやつと関わってしまった」と書き込んでいるのだった。

あーあ、そういう言い方かよ。
だいたい、なぜ我々が降りざるを得なかったのか、わかってるんだろうか。
あなたの亭主と仕事をするのがあまりにも不安で危険だと思ったからだよ。
傷口は小さいうちにふさいだ方がいい。

そもそも、亭主の仕事なのになぜ奥さんがこんなにしゃしゃり出てくるのだろう。
不甲斐ない亭主のマネージャーにでもなったつもりなのだろうか。
もしかすると、仕事(カネ)の流れは

クライアント→代理店→企画屋→奥さん→亭主→我々
なのかもしれない。
放射能除染作業者より川下だね、俺ら。

ともあれ、自分が被害を受けたことや私が無責任な守銭奴だということを、
あちこちでしゃべりまくっているのは想像に難くない。
ソーシャルだから控えたものの、面と向かっては実名も出しているだろうな。

この町の一部では、私はとんでもない悪人になっているのかもしれない。
なりは小さいが大声でしゃべれます。

| | TrackBack (0)

April 25, 2013

へちかんラーメン@へちかん(LAUNCH PAD)

横浜の元町には商店街が3つある。

元町通り商店街、クラフトマンストリート、そして河岸通り。
3番目の通りは片側が川になっているので、建物は片方だけ。
他の2つに比べると、地味な通りだ。あまり通行人もいない。
ただ、それだけに個性的な店も多い。
ある日歩いていると、「ラーメン」の立て看板があった。
ラーメンの写真の下に、「へちかん」とある。
あれ、これってこの間まで関内の居酒屋で出していたラーメンじゃないか?
居酒屋のメニューではなく、ラーメンのみを時間と杯数限定で提供していたと、
ラーメン系のブログで見た覚えがある。
いつの間にかなくなってしまった、という書き込みも見た。
それが、ここへ移って始めたのかな。
立て看板があるのは、「LAUNCH PAD」というオシャレなカフェ。
興味を持って入ってみた。
ラーメンは18時〜20時までの提供で、1日限定10杯。
かなりハードルが高そうだが、20時近くになっての入店でもまだ残っていた。
へちかんラーメン650円。
Hechikan
煮干しがふんだんに利いていて、「煮干し系」とも言えそうだが、
醤油ベースではない。オリジナルのスープのようだ。
飲んでみると、煮干しの香りが立つが、後味がいい。
細めのストレート面は、最後までしっかりとしている。
チャーシューがやや甘めなのが気になったものの、全体のバランスがとてもいい。
ネギの代わりにざく切りのタマネギがいいアクセント。
Hechikan2
これはいいなぁ。
お店の人(若い女性が1人で作っている)に訊いたところ、
お身内の方が開発したものの店舗がないので、このカフェを借りて提供していると。
1ロット1杯なので、複数人で行くとタイムラグが大きいけれど。
その間は、壁に掛かっている絵画や写真などを眺めながら時間を過ごせる。
(地元のアーティストたちの作品展示スペースにもなっていて、期間ごとに入れ替えているらしい)
Hechikan1
この日は、大野愛(めぐみ)さんという方の油絵が展示されていた。
元町界隈には下前商店や本丸亭など、評価の高い店もあるけれど、
ここもかなりのレベルだと思う。
仕事場から歩いて数分で行けるとは幸せ。
(下前商店の方が近いんだけどね)

| | TrackBack (0)

April 24, 2013

ラ博にて試食会「IKEMEN THE DIP RAMEN」

ラーメン博物館に、2013年4月24日にオープンする、
「IKEMEN THE DIP RAMEN HOLLYWOOD」というお店の
開店前試食会におよばれしてきた。

ここが入店するというニュースは、4月1日。
「アメリカから逆上陸のイケメンラーメン」という報道に、
きっとこれはエイプリル・フールネタに違いないと思ってしまった。
でも、本当だったのね(笑)
アメリカで一旗揚げようとして失敗した川端さんという人が、
「中村屋」の中村さんと出会い……
という成功譚はラーメン博物館のサイトでご覧ください。
何種類かの試食メニューから、「Jonny Dip」をチョイス。
ジョニー・デップにあやかったネーミングで、
バジルソースのつけダレらしい。
Ikemen_2_2
いや、これホントにつけ麺か?
バジル、プチトマト、エシャロットが入った、イタリアン。
チャーシューというより、グリルド・ポーク。
太い麺と、温泉卵。
いや、かなり好みです。
同行者は、鰹だしラーメン。
細麺と醤油スープの上に、たっぷりと鰹節を載せる。
これはこれで悪くないが、鰹の香りでスープがどんなか、
記憶に残りにくいかもね。
Ikemen_1
「NO RAMEN, NO LIFE」
Ikemen_3
イイネ!

| | TrackBack (0)

December 09, 2012

根岸森林公園を走ってみた

12月15日に、「ザ・スペース」という関内のランニングステーション主催の駅伝イベントがあるらしい。
で、それに急きょ出場することになった。
メンバーは4人で、距離は5.2km、3.9km×2、2.6kmというもの。
成りゆきで、たぶん5.2kmに出ることになりそうだ。

11月25日のつくばマラソン以来走っていないので、これはまずいだろうと、現地視察を兼ねて出かけてみた。

元町の事務所にいったん寄って着替えたあと、足馴らしに山下公園を1周。
谷戸坂を上がるのも芸がないと思い、見晴トンネルから妙香寺の方へ行こうとして道に迷った。
知らないうちに本牧通りの本郷町から立野へ出てしまい、そのまま国大付属小の脇へ。
このあたりは土地勘がないのでどこを走ったかわからないが、YC&AC~聖光~滝ノ上へ出て根岸森林公園へやっと到達。
ここまでで50分かかっていた。
脚はガクガク。

Img_0642
ここまで50分、アップダウンの道を走って来た。かなり消耗。

公園の中にある周回路を、ペースを上げて2周してみた。
1周は1.3km。
アップダウンがあり、相当堪える。
心臓が破裂しそうである。

本番ではこれを4周せねばならない。
ハイペースで走るのは無理だなあ。

Img_0644
水飲み場の上に小さな人がいた。幻覚か?

Img_0648
ここへ来たらお約束の馬見所。明治時代の競馬観覧棟で、今は中に入れない。
この左には米軍住宅。フェンスの向こうは今もアメリカなのである。

その後はおとなしく山手本通りを来て、港の見える丘公園から山下公園までの空中路を走ってフィニッシュ。

所要時間からすると、走行距離はだいたい15kmくらいか。

本番までもうちょっと足慣らしをしないと。
っていうか、あと1週間なんだけど。

| | TrackBack (0)

November 21, 2012

福島県で2軒

出張で、福島県に行ってきた。
福島のラーメン処というと喜多方、会津、白河といったところだが、

今回の行き先はいわき市と福島市。
ネットで調べてみても、あまり引っかかってこない。
ま、食べ歩きツアーじゃないから仕方ないけれど。
最初は、いわきで昼ご飯。
同行のクライアントが、「さくっとラーメンでも」とおっしゃり、
目に付いたショッピングビルのラーメン店へ。
「なごみ家」というが、家系ではないだろう(笑)
どこにでもありそうなラーメン食堂といった感じの店だった。
たいして期待はしていなかったが、頼んだ味噌ラーメン「ブラック」は、
なかなかボリューミーで食べ応えあり。
黒っぽい味噌を、豚骨スープで割っている。
麺は中太の縮れタイプ。
山盛りの白ネギがくどさを消してくれている。
ライスと冷や奴がサービスで、お腹いっぱい。
2012112012360000
ふくれたお腹を抱えて取材先へ。
夜はそこの会長さんと会食でイタリアン。
2012112017440001
会長さん専用のリーデルの赤ワイングラスで美味しいワインをいただいた。
そして、高速バスに乗り福島市へ。
友人が長期滞在しているので、陣中見舞いというか、遊びにというか。
お腹がいっぱいだったけれど、ラーメン屋さんに連れて行ってもらうことに。
栄町という繁華街の路地にある、米沢ラーメンの幟が立った「こうじ家」。
もちろん、家系ではない(笑)
年季の入った佇まい。時間が遅かったせいか、店主が厨房で翌日のスープを仕込んでいた。
バラ肉を丁寧に寸胴に入れたり、煮干しの頭と腹を取っていたり。
ちゃんとしてる感が伝わってきた。
米沢ラーメンというと、昔東銀座にあった「愛愛」を思い出す。
そんなラーメンがこちら。
2012112022030000
醤油スープに縮れ麺。ナルトと海苔。
さながら支那そばふう。
うん、たしかに愛愛もこんな感じだった。
タレがちょっと甘かったけれど、細い縮れ麺によく絡んでするする行ける。
ビールも飲んで、またもやお腹いっぱい。
福島もいわきも、復興作業の人たちで賑わっている。
イタリアンの店では作業服の団体がワインを開けていたし、
福島の盛り場でも大勢見かけた。
泊まったホテルもほとんどがそれ関係のようだ。
翌朝、作業服を着込んだ人たちが大挙して出勤していった。
飲食店とホテルはとても潤っているそうだ。
ただ、その景気(バブル的な)が去ったあとはどうなるのかな。
今から考えておかねば、と会長さんは言っていたが。
そんなこんなで午後東京に戻り、東京駅のラーメンストリートでお昼。
なぜかジャンクガレッジが食べたくなって、まぜそばを。
さすがにちょっと胃もたれ(笑)
2012112113180000

| | TrackBack (0)

November 16, 2012

ドンキでの食品仕入れにおける盲点

このブログをあまりにも放置しすぎて、すっかり操作方法を忘れてしまっていた。
最後に投稿したのが何年前かわからないという……
(見たら、半年前だったぜ)

でもまあ、書きたいこともあるし、少しずつ投稿していこうかなと思う次第です。
今年(2012年)10月に事務所を引っ越した。
今までの倉庫を改造したところから、シェアオフィスっぽい造作の、けれど個人の世界も守れるオシャレなオフィスへ。
賑やかな商店街も近くにあり、さらにドンキも近い。
Photo

で、このドンキで食料品をよく買い込むわけだ。
ちなみに正しくは「ドン・キホーテ」であって「ドンキ」ってのは間違った切り方なのね。
でも、店内の歌で「ドンドンドン、ドンキ、ドンキ ホォーテ〜」♪なんて洗脳されるくらい流されてるので、
すっかり「ドンキ」が定着しているね。
まあいいや、そのドンキの食料品売り場は、なまじの食品スーパーより品揃えがあり、かつ安い。
初めて行ったとき、うひょー、とか言いながらカップ麺や冷凍食品を買い込んだのだ。
残業のお供に、小腹が減ったときに、ぱくついている。
ところが、あることに気づいた。
カップ麺からみょーなニオイがする。
甘ったるい芳香剤のような……
これ、ちょっと前に問題になった「カップヌードルが芳香剤臭い」という現象だ。
あ、もしかすると、これは「ドンキのニオイ」だ!
店内に充満している安っぽい甘さの芳香剤臭。
これが、紙のカップを通って麺に付いているのだよ。
でも、ご丁寧にも売り場には「匂いの強いものと一緒に保存しないでください」なんていう張り紙もしてある。
この店がそもそもニオイが強いんだってば!
でもまあ、1個100円前後のカップ麺がザクザクある店だから、
せいぜい新しめの、ニオイが移っていなさそうな商品を探して買っている次第である。

| | TrackBack (0)

May 31, 2012

昼休みポタらー

自転車で昼に出た。
前に一回行って気に入っていた「もうひとがんばり」というラーメン店へ行くことにした。
関内の大通公園脇にある。
「鳥居塾」というラーメン店開業システムからできたという話だ。
13時を回っていたが、ほぼ満席。
限定の塩ラーメンとライスを注文。
「あさり塩ラーメン」も限定であるが、それは売り切れだった。

「あっさり」と一言で言えない、複雑な味のスープ。
中くらいの太さの麺は、適度な存在感がある。
これはおいしい。
残ったスープにご飯を入れておじやにして完食。
次回はアサリの残っている時間に来てみよう。

2012053013110000


そのあと、浜スタのある横浜公園へ。
開港祭に絡めたイベントをやっているようで、何だか賑やか。
各地の物産も出てる。

だけど、お祭りの縁日もたくさん。
金魚すくい、お面、射的、お好み焼き、焼きそば、イカ焼き……


これって、テキ屋の範疇じゃないのか?

市の担当者が、テキ屋の親分を集めて場所決めとかしてるのかな。
何だかそんなことを思った昼下がりであった。

2012053013430001


2012053013450000

再び自転車でふらっと行き、最近景観問題でもめている建物の建設予定地へ。
ここの大本の会社に、どうやらきな臭いウワサが……

2012053014020000


| | TrackBack (1)

April 24, 2012

【本】突撃!よこはま村の100人——自転車記者が行く

「ラーメンライド」という、自転車に乗ってラーメンを食べに行くだけの企画をたまにやる。
横浜関内のランニングステーション「The Space」の主催だ。

どこで聞きつけたか、あるとき神奈川新聞の記者が同行取材させてほしいと言ってきた。
「自転車記者が行く」というコーナーの担当者である。
本来は県警本部などに詰めている事件記者なのだが、バランスを取るためか、こういう文化部的なものも担当するのだろう。

で、その夜は7〜8人で出発し、神奈川区にある「とんぱた亭」という家系ラーメン屋さんを目指した。
その時のことが記事になり、今でもThe Space店内に貼ってある。
「まじめにバカをやる」という、まあほめ言葉の部類に入るであろうタイトルだ。
私も「ベテランライダー」として実名入りで登場している。
(ライダーとしてはそれほどベテランではないが。ライターとしてならそうかもしれない)
かっこいいぜ、オッサン! と言ってくれているが、当日は20代青年もいたのである(笑)

そのシリーズがまとめられ、本になった。
新聞掲載時は写真だったが、本の中ではヘタウマ風イラストになっている。

現時点ではまだ予約段階だが、The Spaceに献本があったので、一足先にぱちりしてきた。

Photo

ちなみに、私の知り合いも他のページに何人か登場しているようだ。


| | TrackBack (0)

«【本】自転車はここを走る!